ED(勃起不全)は、今や成人男性の四人に一人の割合で発症していると言われています。男性なら誰しもがEDになりえる可能性を秘めていますので、ご自分の生活環境や日頃のストレスなどを見直し、必要であれば治療を行なって改善していきましょう。

ストレスを抱える男性とEDを改善しようと頑張る男性の写真

EDを治すなら正規品の薬や健康食品で

EDを治すために役立つのは、正規品の薬や健康食品です。
薬は症状を解消するものであり、健康食品は予防するのが目的です。
すでにSEXに支障が出るレベルのEDだと薬が必要でしょうが、少々立ちが悪い程度なら健康食品でも対処できます。

薬と呼ばれるものは精力剤とED治療薬の2つにわけられます。
現在は日本に流通している精力剤の9割は健康食品ですが、1割程度は医薬部外品と医薬品となっています。
いずれにしても、対策をするなら正規品を利用してください。
精力剤や健康食品には偽物が少ないですが、ED治療薬は非常に多いです。
クリニック処方なら本物以外の取扱はしていませんが、個人輸入には偽物も多く販売されています。
正規品と異なる点は、内容成分の信用ができないことです。
コピー品は正規品そっくりに作られていますが、含有成分は専門機関を通してチェックしないとわかりません。
目視だけでは専門家でも判断できないほど精巧に作られています。
正規品は確実なる効果を得られますが、偽物は何が含まれているかわからないので、服用するのは危険です。

個人輸入の場合は、購入は自己の責任によるものです。
個人の責任において海外から取り寄せするので、もし偽薬を取り寄せても責任は自分にあります。
ED治療薬を格安で入手できる個人輸入ですが、安く販売されているのはジェネリック医薬品です。
正規品の価格はクリニック処方とほとんど変わりません。
現在、ジェネリックの販売が許可されているのは、本来はバイアグラだけです。
それ以外の薬は特許期間が残っているので、他メーカーが販売することはできません。
ただし、インドなどの特許概念のない国では、バイアグラ以外のジェネリックも製造できます。